これからの採用戦略はオウンドメディアリクルーティングの時代

SCROLL

採用をWebマーケティングの力でもっと楽しく!

従来の採用活動は、「求人媒体に広告を出す」ことが効率的な方法だと考えられてきました。

しかし、売り手市場の今日では募集広告を出稿するだけでは人が集まらず、

採用にかけるコストだけが増え続けて悩む企業も多いようです。


こうしたなか、最近「Webマーケティングを活用した採用戦略」に注目が集まっています。


戦略を立てて実行し、改善・分析を続けることで求める人材を確保できる画期的なツール。

これをフルに活用することで、もっと効率的な採用活動を実現しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 求職者が集まらない

    募集をかけても、求職者からの連絡がなければ何も始まりません。募集ツールをうまく活用できていない、ターゲットに情報が届いていないことが、原因として考えられます。

  • 採用コストが高い

    採用情報を求人媒体に掲載すると、「広告費」がかかるのが一般的です。採用者が決まる・決まらないにかかわらず支払うため、募集期間が長く続くと多額のコストがかかります。

  • 求める人材が集まらない

    募集があって面接をしても、自社の求める良い人材が集まらないというパターン。求める人物像が、求職者にアピールできていないことが原因かもしれません。

  • 内定辞退や採用後の離職

    内定を出しても辞退されるケースや、入社してわずかな期間で退職してしまうケース。特に採用後の離職は、自社の仕事内容や社風が正確に伝わっていなかったことが考えられます。

  • 求職者が集まらない

    募集をかけても、求職者からの連絡がなければ何も始まりません。募集ツールをうまく活用できていない、ターゲットに情報が届いていないことが、原因として考えられます。

  • 採用コストが高い

    採用情報を求人媒体に掲載すると、「広告費」がかかるのが一般的です。採用者が決まる・決まらないにかかわらず支払うため、募集期間が長く続くと多額のコストがかかります。

  • 求める人材が集まらない

    募集があって面接をしても、自社の求める良い人材が集まらないというパターン。求める人物像が、求職者にアピールできていないことが原因かもしれません。

  • 内定辞退や採用後の離職

    内定を出しても辞退されるケースや、入社してわずかな期間で退職してしまうケース。特に採用後の離職は、自社の仕事内容や社風が正確に伝わっていなかったことが考えられます。

採用戦略を立てているが
まだまだ問題は山積み…

  • 採用サイトの情報って
    募集要項だけでいいんじゃないの?

    自社のWebサイトに採用ページを設けているものの、掲載情報は「募集要項のみ」という企業も多いようです。これでは会社や仕事の魅力が、求職者へ正確に伝わりません。
    仮に採用者が決まったとしても、仕事内容や社風のミスマッチが起きやすく、早期離職の一因につながることもあります。

  • もっと費用を抑えて
    効率よく集客したい

    募集をかけても求職者からの反応がない、募集はあるけど面接をしたら求める人材ではなかったなど、採用者がいつまでも決まらないのに、媒体に支払う広告費は増え続けている…と、お悩みの方へ。
    広告費を抑え、より効率的に採用活動ができる方法もあります。

  • 求人広告の原稿の分析・改善が
    できていない

    求人媒体に広告を出すだけでは、良い人材は集まりません。それなのに、広告の原稿や画像などの情報を変えず、そのまま掲載を続けても何も変わらないでしょう。
    どんな文言を使えば求める人材に着目されるかなど、その時々のトレンドや傾向を知ったうえで効果測定を行い、掲載内容を改善していくことが重要です。

  • 他社の採用情報に
    埋もれてしまう

    求人媒体には、競合も含めてさまざまな企業の広告が掲載されています。これらの情報に自社の求人情報が埋もれてしまっていることも、求職者が集まらない理由かもしれません。
    求人広告には、企業のイメージや長所など魅力的な情報を伝えることも必要です。そして、オリジナリティのある情報を掲載できるメディアこそが、打開策の一手なのです。

想いが届く採用サイト
×
想いが集まる採用特化検索エンジン

採用サイトに募集要項を掲載するだけでは、求職者は集まりません。
これからの採用戦略は、信頼できる求人広告媒体の力を借りながら、自社の想いが求職者に届くような採用コンテンツを作成することがキーポイントとなります。
それが、オウンドメディア・リクルーティング「リスザル For Recruit」です。

  • 01 Indeed


    国内で月間2,000万人以上のアクティブユーザーが利用する採用特化型検索エンジン「Indeed(インディード)」。広告掲載料はクリック課金制の成功報酬型で、無駄なコストがかからないという魅力から、近年右肩上がりの広告媒体です。
    また、掲載内容によって順位やクリック単価が上下するという他媒体にはない料金体系も特徴で、トレンドやSEOに則した対策ができ、より多くの求職者へ自社の求人情報を届けることが可能になります。

  • 02 STORY


    求人情報に募集要項だけを掲載しても、求める人材は集まりません。自社が求める人材を集めるには、「どんな会社か」「どういう人材を求めているのか」といった情報を、もっと発信していく必要があります。
    例えば、求職者に自社で働くことをイメージさせるコンテンツを提供するなど、「ストーリ」をつくることで訴求効果を高められます。このストーリーの作成こそが、求める人材を集めやすくし、さらに入社後の離職を防ぐことにもつながります。

  • 03 PDCA


    現代の広告はそのほとんどが“運用型”という言葉が表すように、日々の運用改善が成果の良し悪しを決めるといっても過言ではないでしょう。また、採用においてもWebマーケティングの手法を用いている以上、Webサイト側の改善を日々検証・改善を行う必要があります。
    ただ、何をどう改善したらいいのかなど分析すらできないのが現状です。

リスザル For Recruitなら
一発で解決

リスザル For Recruitは、 採用サイト構築から運用サポートまで、トータルでサポートするサービスです。
集客は、月間2,000万人以上のアクティブユーザー(求職者)が集まる採用特化型検索エンジン“Indeed”で実施。
また、求職者を魅了するストーリーを得意としたコンテンツライティングとWeb制作実績1,400社以上のノウハウを元にした
採用活動の効率を高めるWebサイト(CMS)を構築します。

相談してみる

下記メールフォームよりお気軽にご相談ください。

相談してみる


料金

  Indeed10 Indeed15
制作費用 850,000円(税抜)
採用サイト制作費用40万円、コンテンツ制作45万円(取材~撮影~ライティング)、1ページ追加作成5万円
※CMSを導入いただくため、貴社にて新規ページを作成することも可能です。
初期費用 100,000円
月額費用 月額100,000円
【内訳】
広告出稿費用:60,000円
運用代行費用:40,000円
月額150,000円
【内訳】
広告出稿費用:100,000円
運用代行費用:50,000円
テンプレートサイト
SSL
(問い合わせフォームのみSSL化)
MAツール ×
最低利用期間 6ヵ月

開始までの流れ

Q&A

求人媒体と何が違うの?
Indeedは求人情報に特化した検索エンジンです。他の求人媒体のように掲載期間による料金体系ではなく、求職者がクリックすると課金される「クリック課金」のため、費用対効果の高い採用活動が可能になります。
CMで掲載無料と言ってるけど本当なの?
一時的に上位に表示することは無料でできます。
ただ、Indeedには毎秒9.8件の新規求人が追加されます。他の会社から新しい求人が投稿されると、古い情報が埋もれてしまうため、無料枠だとわずかな時間しか掲載できません。
当社では、求職者の集客のために有料枠の 広告運用を代行しております。
1クリックいくらですか?
募集したい職種により異なります。競合性が高い職種は1クリックあたりの単価も 高くなりますので、採用人数と職種から最適な予算感を専門のアドバイザーより提案いたします。
効果が出るか不安、、、
Indeedの効果を出すために重要なことが、「有料広告の運用」と「採用ページ」の でき栄えです。
当社では1,400社以上のサイト制作のノウハウを使って、会社に合った最適な 採用ページの作成と専門コンサルタントによる広告運用で費用対効果の高い採用を実現します。

未来の仲間の心へ届けるストーリーと
最新の採用Webマーケティング戦略